今泉浩晃

2006年12月28日

魔法の9桝、マンダラート

マック向けのマンダラート



マンダラートについては、作者の今泉浩晃さんの書籍やサイトで
詳細がわかります。僕が知ったのは、神田の古本屋街で見つけた一冊の本。
たぶん今泉さんの最初のマンダラートの解説本だと思うのですが、
「マンダラメモロジー」という中央美術学園から刊行されたものです。
9つの四角からなるマンダラートのフォーマットは、ただの桝なのだけど、
いかにもグラフィックデザイナーらしいスマートでエレガンスなものでした。
図のように9の四角桝からなる正方形の曼荼羅の中心に、問いを書き、
周辺の8つの桝に答えを展開するわけです。
中心の桝が「親」(問い)とすれば周囲の8つの桝は「子」(答え)に当たります。
そして次のステップでは、それぞれの「子」(答え)が「親」(問い)となって
「子」の桝が展開されていくという繰り返しで、階層構造をつくっていきます。
ここでもアウトラインプロセッサーと同様に「階層構造」が登場します。
人間と同じですよね。親と子。その親も子でもある。子も親になる。
メインシステムとサブシステムと考えれば、システム思考の原則でもあります。
表面(一番上の階層)にはたった9つの桝しか見えていないけど、
その下に幾層にも階層構造がつくられていきます。
ちなみに9ついう数は、
一般の人が記憶可能なチャンク数は「±7」というワーキングメモリーの法則にもかなっています。
マンダラートは、まず「手帳」として売り出され、のちにマック向けのアプリケーションとして発売されました。後年、ウインドウズ向けとパーム向けのソフトが追加になりました。(洗練度から言えばマックに軍配ですが…)

ウイン向けマンダラート




http://www.mandal-art.com/product.html

creativethinker at 09:39コメント(0)トラックバック(0) 
おすすめ






あなたにインストールする

「出来る人に変身する」ソフトウェア。

それがNLP。


基礎知識と役立つテクニック。

ダメ営業マンがNLPを使って、

たった1週間で超一流半へ大変身

http://tinyurl.com/2bpzu3


 


 


NLPによる発想力・行動力改善プログラム

http://tinyurl.com/2dljyy


ワークショップやセミナーへ出る

時間がない人には、これが便利。


NLPを活用した目標達成講座【ゴールド】

http://tinyurl.com/yqwbvk


 




 




おすすめ



 


インプレスダイレクト


楽しめるのはDMM





ソフト次第であなたのパソコンは、すごいツールに変わります。


  • ライブドアブログ